若葉の小学生 英語講座

 
   
ネイティブの音声を聞き、書き取る練習をします。意味を理解しながら聞き取る力が身につきます。
 
 
 
ネイティブの音声を聞き、声に出して繰り返す練習を何度も行います。その後、先生に発音をチェックしてもらいます。
 
 
 
会話文や物語文を読み、内容に関する英語の質問に英語で答える練習をします。図表・地理などから必要な情報を読み取る練習も行います。
 
 
 
テキストの単語や文を書き写したり、語句を並び替えて文を作ったりします。上級レベルでは、文法も学習します。
 
 
   
ネイティブの音声を聞いて発音し、発音した単語をくり返し書いて覚えます。
覚えた単語を使って英文を読み、読んだ内容を理解しているか、英語で質問に答え確認する。
 
このように「聞く」「話す」「読む」「書く」を総合的に学習しますので、TOEIC®・TOEFL®対策にも有効です。
 
 
 
個別・自立学習だから、自分のペースで好きなだけ、がんばることができます。
ひとりひとりに合ったペースで進められますので、どんどんわかるようになります。
わかれば学ぶことが楽しくなります。
楽しいから好きなだけがんばれます。
 
1回のレッスンは60分。自立学習で進めるテキストは、その60分の中でも、さらに10分程度の短い単位で学習内容が変化します。そして1つの単位を終えるたびに、先生が理解度を確認します。集中をきらさず、きちんと理解させるための工夫です。
 
 
 
いつでも、どのレベルからでも始められます。その目安もちゃんと示します。
テキストは基本的に、週2回のレッスン受講で1か月に1冊終了するように設計されています。
 
テキストがどんどん進むことで、「できた!」という達成感を得ることができます。
 
CDを活用し、ネイティブの音声を身につける一方、日本語で文法の学習も行います。
 
一人一人の習熟度に合わせたテキストだから、英語を初めて学ぶ人、すでに習っている人、どの英語レベルの人でも大丈夫です。独自開発したCD付きのテキストは入門から上級まで81冊、ですから81段階のレベル(進級)になります。
 
小学生のうちに、日常生活に必要な8000以上の語いを習得することもできます。
 
 
 
 
いつでも、どのレベルからでも始められます。そのロードマップです。
 
「目標実現までの道筋を示す表」です。検定試験がそれぞれの学習目標にどれだけ近づいたかを示す「道しるべ」です。
 
レプトンでは、JET(ジェット)とTOEIC®の2つの検定試験を、英語上達の道しるべ、つまり具体的な目安として使っています。ですから、受験いただくことを原則としています。
 
いずれ、TOEIC®ハイスコアにつながります。
 
   
これからの英語は「4技能」が当たり前です。
 
●4技能ってなに?
 
「技能」ということばを使うと、やや大げさに聞こえますが、「4技能」とは、listening(リスニング)、speaking(スピーキング)、reading(リーディング)、writing(ライディング)のことです。具体的には、英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の4つのコミュニケーション能力のことを言います。
 
国際化が進むにつれて、英語でコミュニケーションをとる必要性がますます高まっています。
 
文部科学省の「学習指導要領」には、小中高を通じて、こどもたちの英語によるコミュニケーション能力を育成し、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能をバランスよく育成することを目指す、と明記されています。
 
 
 
●変わる、大学入試!
 
●変わる! 大学入試!
 
大学入試の英語問題は、文法・長文読解です。「読む」ことの技能です。もちろんリスニング「聞く」技能もあります。
 
現在の大学入試センター試験は、筆記200点に対し、リスニングは50点です。
読むことのウエイトが圧倒的に大きいのです。
 
このように、これから文部科学省が求める4技能と、大きく異なっています。
 
ですから、現在の英語の学習は、「読む」と「聞く」の学習中心になっています。
 
このような状況からみなさんご存知のように、文部科学省は、東京オリンピックが開催される2020年度より、大学入試センター試験に代えて、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を総合的に測る目的でつくられた、TOEIC®(トーイック)やTOEFL®(トーフル)などの英語検定を大学入試英語に利用する準備を進めています。
 
いまの小学生は、もちろん全員、このまったく新しい4技能型入試の対象になります。
この対策をすべきではないかと、私たちは考えました。
 
 
 
●実はすでに4技能検定試験を入試に活用している大学も!
 
●4技能検定試験を入試に活用している大学も!
 
実は、すでにTOEIC®やTOEFL®など、4技能をはかる英語検定を入試で利用している大学があります。大学が定めた点数をクリアしている受験生は、入試で「加点」されたり、「英語試験が免除」されたりします。
 
たとえば、広島大学や九州大学、早稲田大学、明治大学や、関西学院大学など、受験生に人気の大学も活用しているのです。
 
 
 
●だから、「若葉学習会Lepton米子教室」を開校します!
 
●だから
 
「若葉学習会Lepton米子教室」
   
を開校します!小学1年生から、ご通学いただけます。
 
 
 
 
 
 
米子校舎 吉野先生
 
 
米子校舎 兼折先生
   
授業(レッスン)開始までの流れをお知らせします。体験はお気軽にどうぞ。
いちど体験してみませんか? 小学校の英語がかわり、それにともなって中学校のカリキュラムもかわります。
 
大学受験は2年後から大きく変化します。そろそろ対策を考えるころではないでしょうか。
 
 
 
体験入学(レッスン)のお申し込みは、電話(33)3471または、このページの下の申込ボタンからお気軽にどうぞ。お問い合わせだけでも、お気軽にどうぞ。担当者がていねいにご説明いたします。
 
 
英語の学習経験がありますか? 初めてですか? 最適なレプトンのテキストをきめるための診断を行います。そのあとで適切な体験用のテキストを使って、レッスンの一部を体験してください。
 
 
学習のスタートレベルの目安をお知らせします。ご納得いただいたうえで、ご入学いただきたいと思います。何曜日のどの時間帯を選びますか? ご相談はいつでもどうぞ。
 
 
自分のペースで、楽しく英語を学びましょう!
 
Let’s have fun together!
 
   
授業(レッスン)の時間割です。
次の曜日・時間帯から2つを選んで受講してください。
同じ曜日でもOK。
個別指導のため人数には限りがあります。
 
月曜日)
①16:50~17:50
②18:00~19:00
③19:10~20:10
 
(水曜日)
④18:00~19:00
⑤19:10~20:10
 
(土曜日)
⑥15:30~16:30
⑦16:50~17:50
⑧18:00~19:00
 
 
   
ご通学に関する費用についてお知らせします。
 
 
 
ご通学に関する費用についてお知らせします。
 

(入学金)
 
入学時1回のみ  
税別10,000円  税込10,800円
 
 
(授業料)
 
1週2回ご通学月額    
税別  9,000円  税込   9,720円
 
算・国とセットの場合
税別17,000円     税込18,360円(割引)
 
 
(教材費)
レベル進級ごとにあたらしいテキストになります。実費ご負担下さい。
 
(その他)
ご家庭への連絡費用など少額ですが実費がかかります。
 
 

体験・お申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ。

体験・お申し込み・お問い合わせはこちらからどうぞ。
 
 
通学や体験のご予約はこちらからどうぞ。1時間帯に8名・先着順の募集です。
若葉学習会米子校舎小学生の体験入学を次の日程で行っています。
 
■算数・国語・英語(3科目の体験)
 対象は 小学4年・5年・6年
 ②3月16日 15:00~17:00
 ③3月23日 15:00~17:00
 ④3月30日 15:00~17:00
 
■若葉学習会Lepton米子教室(英語のみ体験)
 対象は 小学1年~6年
 ①3月21日(木)
 ②3月26日(火)
 ③3月29日(金)
 の11:00~16:00
 お好きな時間をお知らせください。
 
 
     
   
<<学校法人ism>> 〒683-0811 鳥取県米子市錦町2丁目261番地 TEL:0859-33-3471 FAX:0859-33-0311